セミナー資料ダウンロード

※セミナー資料は動画視聴可能になるとダウンロードできます

  • 【レジュメ】〜結論を左右する〜「遺言文言の解釈」判例徹底検証セミナー.pdf(234.93 KB) 

カテゴリ

民事  >   相続
ノーカット版の公開を開始しました。
生配信を見逃した先生、これからご覧になる先生は7月7日までにご覧ください。
なお、7月7日以降は質疑などをカットした編集版を7月21日以降に公開する予定です。
編集版は期限の定めなくご覧いただけます。

・ノーカット版:6/23〜7/7
・編集版:7/21〜(予定)



今後のよりよいセミナー運営のためアンケートにご協力お願い申し上げます。

【6/23生配信セミナー】〜結論を左右する〜「遺言文言の解釈」判例徹底検証 (仮)

 

遺言に関連する相続争いに強くなる。解釈だけでなく、実務上判断の難しい遺言文言の解釈事例について最新の知見を学べるセミナーを生配信で開催!

当日は講師への質疑応答の時間を設けております。

講師

森 公任 氏(森法律事務所 代表弁護士)
森元 みのり 氏(森法律事務所 副代表弁護士)
   

開催日時

2021年6月23日(水)18時00分〜19時30分(予定)
※後日配信を予定しておりますが、一般販売時に質疑応答の内容はカットさせていただきます。
※生配信セミナーをお申込(購入)された先生は講師への質疑応答が可能です。
 また、期間限定の質疑応答を含むノーカット版をご視聴いただけます。

 

概要

自筆証書遺言には、表現が曖昧で、しかも、重要な記載漏れがあるケースが少なくありません。
・ローン付き賃貸住宅で、遺言書で賃貸住宅だけ帰属を決めローンの帰属に触れていない
・遺言書の記載が不明確で登記所が受付ない
・そもそも表現が曖昧でいかようにも解釈できる!
等々、様々なケースがあります。

遺言の文言解釈については、最高裁判例が複数の解釈基準を設けています。
本セミナーでは、この最高裁の基準を説明し、この基準に基づくと、どう解釈することになるのか、具体例を挙げて解説します。
また一方、最高裁の解釈基準を用いても判断できないケースも少なくなく、そのような場合、どのような判断がされたのか、判例を取り上げて解説します。
・Aに遺産全てを委ねるとした場合、その「委ねる」の意味は、「相続させる」or「分割方法を一任する」どちらなのか?
・「その他、一切の財産」には、どこまでが入るのか?
・使途不明金の取扱いは? etc.
また、「遺言文言が曖昧であるとして登記所が受け付けない」場合、どのような訴訟を提起するのかも併せて解説します。

相続を扱う先生なら押さえるべき必須の知識について、本セミナーで効率的に学んでいただけます。ぜひ明日からの実務にお役立てください
 

こんな弁護士におすすめ

・相続案件に取り組む全ての弁護士

・遺言を扱う全ての弁護士
 

講義内容

・遺言の文言解釈 最高裁判例基準
・勘違いされやすい、争いとなりやすい文言事例
 例)
 「Aにすべて委ねる」
  → 相続させる?分割方法を一任する?
 「その他一切の財産」
  → どこまで入るのか?使途不明金は?  
 「不動産の帰属」
  → ローンは?など
・判例解説(最高裁基準の曖昧さ)
  言葉の形式的判断vs周辺事情からの合理的解釈
・ケースによって異なる、提起すべき訴訟
  ex文言が曖昧で登記所が受け付けない場合、どのような訴訟を提起すべきか
 

付属資料

・講義レジュメ

 

講師詳細

講師名 森 公任 氏(森法律事務所 代表弁護士)
森元 みのり 氏(森法律事務所 副代表弁護士)
プロフィール 【森公任氏 プロフィール】
昭和26年生まれ中央大学法学部卒業
昭和56年(1981年) 弁護士登録
昭和58年(1983年) 森法律事務所設立

表彰
[人権擁護委員関連]
平成24年6月1日 東京法務局長賞 受賞
平成25年6月1日 全国人権擁護委員連合会会長賞 受賞
平成26年6月1日 法務省人権擁護局長賞 受賞
平成26年10月1日 足立区功労賞 受賞

[家事調停委員関連]
令和元年9月25日 公益財団法人日本調停協会連合会功労賞 受賞
令和元年10月17日 東京高等裁判所長官賞 受賞

現在の職歴
東京家庭裁判所調停委員(平成14年~現在)
法務省人権擁護委員(平成16年~現在)
住宅紛争審査会審査委員(平成24年~現在)

過去の職歴
東京弁護士会常議員(昭和59年、平成11年)
日本弁護士連合会代議員(平成11年)

【森元みのり氏 プロフィール】
平成15年 東京大学法学部卒業
平成18年 森法律事務所入所

セミナー・講演等
 ・遺産分割事件のケース研究-代理人の視点による解決のポイント(相続問題研究会)
 ・遺産分割の付随問題-使途不明金(第一東京弁護士会)
 ・養育費・婚姻費用をめぐる諸問題(京都家庭裁判所)
 ・相続法改正と使途不明金(岡山弁護士会)
23区苦情処理委員会副委員長(平成22年)
森法律事務所著書 ・弁護士のための遺産相続実務のポイント 遺産分割・遺言無効・使途不明金ほか遺産分割の付随問題(日本加除出版)
・簡易算定表だけでは解決できない 養育費・婚姻費用算定事例集(新日本法規出版)
・2分の1ルールだけでは解決できない 財産分与算定・処理事例集(新日本法規出版)
・「子の利益」だけでは解決できない 親権・監護権・面会交流事例集(新日本法規出版)
・心の問題と家族の法律相談(日本加除出版)

その他のセミナー