セミナー資料ダウンロード

※セミナー資料は動画視聴可能になるとダウンロードできます

  • 【レジュメ】裁判官に「わかってもらえる」 民事裁判書面作成の工夫.pdf(651.35 KB) 

この動画を視聴するには

弁護士ドットコム有料集客サービスを年間契約いただいている先生は、特典として見放題対象セミナーを無料でご利用いただけます。

有料集客会員特典(無料)で視聴
単品購入7,700円(税込)
▼受講された先生は1分程度の簡単なアンケートにご協力お願いします。
アンケートはこちら
 

―初歩的・形式的事項からおさえる―
裁判官に「わかってもらえる」民事裁判書面作成の工夫

 

講師

寺内 康介 弁護士(骨董通り法律事務所)

民事訴訟における書面起案について、裁判官経験のある弁護士が解説します。

具体的には、文字装飾・略語定義などの形式面から、論理の組み立て方、
証拠引用のポイント、読む気にさせる書面の分量についてなど、
裁判官目線で読みやすく・わかりやすい起案のポイントを伝授します!

講義内容(講義時間:約90分)(予定)

1 総論
・なぜ裁判官に理解しやすくする必要があるか
・裁判官は忙しい?
・一言でいうとどんな書面が求められるか
・どの程度「読ませる工夫」が必要か

2 まずは形式面をおさえる
・書式
・一文・書面の長さ
・強調のための下線、太字、カラー、マーカー(ハイライト)
・段落分け、空白行
・語句の定義
・同年の使い方
・脚注

3 わかりやすくする工夫
・証拠の引用
・証拠説明書の活用
・表題(小見出し)の工夫
・図表・一覧表の活用
・論理の組み立て方
・専門用語・業界用語・ネットスラング

 

付属資料

講義レジュメ
 

参考書籍

裁判書類作成・尋問技術のチェックポイント

髙中正彦・加戸茂樹・市川 充・岸本史子・
安藤知史・吉川 愛・寺内康介/著
弘文堂/2,750円(税込)



書籍のご購入はこちら

講師詳細

 
講師名 寺内 康介 氏 (骨董通り法律事務所 弁護士)
プロフィール 裁判官として約10年間、主に民事裁判を担当。
うち2年間は訟務検事として、国が当事者となる各種訴訟の代理人を務める。
2020年4月、弁護士登録
執筆 「裁判書類作成・尋問技術のチェックポイント」弘文堂〔共著〕ほか

その他のセミナー