本編の視聴にはログインが必要です。
未登録の先生は右上の無料会員登録からお手続きください。

セミナー資料ダウンロード

※セミナー資料は動画視聴可能になるとダウンロードできます

  • Resume_MinpouKaisei.pdf(196.35 KB) 
  • Jirei_MinpouKaisei.pdf(72.55 KB) 

タグ

民法(債権法)改正の重要論点と今後の実務対応について Vol.1

120年ぶりの民法改正

膨大な改正事項の中でも、実務でもっとも重要な論点について、東京弁護士会の法制委員として、
法制審議会民法(債権法)部会のバックアップメンバーを務めた児玉隆晴弁護士が解説します。

講義では、新旧条文を網羅した全20ページに及ぶオリジナルテキストに沿って、改正の目的から、
債務不履行・契約解除・危険負担・売買や請負の担保責任・消滅時効など9つのテーマを設け、実務家視点で解説します。
自動車の売買契約や、新築建物の請負契約などについて検討する具体事例では、全 11 のパターンについて検討。

2018年11月公開

本講座のポイント 

・ 民法改正迫る!新旧条文を照らし合わせ、重要事項がわかります
・債務不履行・契約解除・危険負担・担保責任など9テーマ!具体例がわかります
・改正前後の解釈の変化や実務への影響を詳しく解説します

 

講義内容(約 200 分)倍速機能付

【第1部】
はじめに
第1 改正の目的・経緯
・改正目的
・現代化の具体的な方向性
・審議状況と結果

第2 債務不履行による損害賠償
・債務不履行による損害賠償
・履行に代わる損害賠償請求権の要件明文化
・損害賠償の範囲

第3 契約の解除
・催告解除
・無催告解除
・債権者に帰責事由がある場合

第4 危険負担(担保責任を中心として)
・危険負担
・現行法534条及び535条の削除と改正法567条

【第2部】
第5 売買(担保責任を中心として)
・売主の担保責任
・手付の規定を整備

第6 請負(担保責任を中心として)
・目的物の契約内容不適合の場合
・建物その他の土地工作物の契約内容不適合の場合
・請負における「一応の完成」と担保責任
・その他の改正

第7 買主及び注文者の権利(担保責任に関するもの)の行使期間の制限
・買主の権利行使の期間制限
・注文者の権利行使の期間制限

第8 債権の消滅時効(上記権利の行使期間制限との関連論点)
・時効完成の改正
・商事時効廃止
・職業別短期消滅時効の制度廃止

第9 定型約款
・定型約款の規定を設けた意義
・定義
・個別条項についての「みなし合意」
・不当条項規制・不意打ち条項規制
・定型約款の開示
・定型約款の変更

【第3部】

第10 事例の検討
事例1 自動車の売買契約に関する7事案 
(1) 焼失時の損害賠償請求
(2) 不具合修補の請求
(3) 売買契約の解除
(4) 修補に代わる損害賠償請求
(5) 新型自動車との取り替え請求
(6) 権利行使時期の検討
(7) 定型約款を巡る主張の検討

事例2 建物の新築請負契約に関する4事案
(1) 請負の契約解除
(2) 修補費用相当額の損害賠償請求
(3) 修補請求
(4) 代金報酬支払い拒絶の検討

 *講義レジュメ・資料ダウンロード可

 

講師

弁護士  児玉 隆晴 先生 (弁護士法人 千代田オーク法律事務所 代表弁護士)

1978年 慶應義塾大学法学部卒業
1982年 慶応義塾大学大学院修士課程修了
1986年 司法試験合格
1988年 弁護士登録(東京弁護士会 40期)
1993年 千代田区にて児玉隆晴法律事務所開設
2009年 弁護士法人千代田オーク法律事務所開設(法人化)
千葉県柏市に柏事務所開設

その他のセミナー