本編の視聴にはログインが必要です。
未登録の先生は右上の無料会員登録からお手続きください。

セミナー資料ダウンロード

※セミナー資料は動画視聴可能になるとダウンロードできます

  • 202004_Resume_HarasumentoToGyakupawahara.pdf(1.62 MB) 
  • 202004_Shiryo01_SoujituSougoKnariJiken.pdf(149.40 KB) 
  • 一括DL用ハラスメント申告と逆パワハラ申告に対する対応実務.zip(1.54 MB) 

ハラスメント申告と逆パワハラ申告に対する対応実務

講師

向井 蘭 弁護士(杜若経営法律事務所 パートナー弁護士)

弁護士の力量が試される企業からのハラスメント相談を徹底解説!企業からの信頼度が上がる対応方法を解説

いわゆるパワハラ防止法が2020年6月に施行されることに影響を受けて、昨今、企業からのパワハラ問題対策の需要が拡大しています。
そこで、弁護士がハラスメントへの適切な取組・解決をアピールできれば企業からの信頼度が上がることが見込まれます。また、企業に不要なエネルギーを浪費させる”言いがかり的” ”根拠の薄い”パワハラ申告を回避させる対応策を伝授。
本セミナーは、企業に不要なエネルギーを使わせないためのハラスメント事例を基本的な傾向から類型分けし、類型ごとの対応方法を実例を挙げながら解説。
講師の実践例も多数披露し、明日からハラスメント対応を変えられる実践的内容です。
意外と相談の多い”逆パワハラ”については、発生する経緯や解決法を最新の解決事例を挙げて具体的に解説します。
講師がまとめた、ここでしか手に入らない付属資料の”逆パワハラチェックリスト”は必見です!

2020年4月公開

こんな弁護士におすすめ

・企業と顧問契約を結んでいる弁護士
・今後、企業法務に進出を希望している弁護士
・労働法に関心のある弁護士

講義内容(講義時間:約80分 ※最大2倍速再生可)

1. なぜハラスメント対応が重要なのか?~士業の営業面から~
2. ハラスメント対応は弁護士としての力量が試される
3. パワハラとセクハラの事実認定の違い
4. 濫用的ハラスメント申告とは?
5. 指針の考え方
6. 濫用的ハラスメント申告の分類別対応方法
 ・権力闘争型
 ・責任転嫁型(1)(2)
 ・過敏型
 ・虚偽申告追い落とし型/(虚偽申告には至らない)大げさ申告型
7. パワハラに対する懲戒処分の量刑
8. 意外と相談が多い逆パワハラ申告
 ・解決方法
 ・逆パワハラチェックリスト(1)~ (3)

付属資料

・講義レジュメ
・逆パワハラチェックリスト

講師詳細

講師名 向井 蘭 氏(杜若経営法律事務所 パートナー弁護士)
経歴(役職等) 杜若経営法律事務所 パートナー弁護士
1975年山形県生まれ。
平成9年 東北大学法学部卒業
平成13年 司法試験合格
平成15年 弁護士登録(第一東京弁護士会)
     狩野法律事務所(現・杜若経営法律事務所)入所
平成21年 狩野・岡・向井法律事務所(現・杜若経営法律事務所)パートナー弁護士
経営法曹会議会員。労働法務を専門とし、企業(使用者側)の労働事件を数多く取り扱っている
労務問題のプロ弁護士。企業のハラスメント問題を数多く手がけ、ハラスメント予防研修の講師も多数。
執筆・出演・講演等 ・「社長は労働法をこう使え!」(ダイヤモンド社)
・「書式と就業規則はこう使え!」(労働調査会出版局)
・「最新版 労働法の仕組みと仕事がわかる本」(日本実業出版社)
・「管理職のためのハラスメント予防&対応ブック」(ダイヤモンド社)
・「弁護士法第23条の2照会の手引」(第一東京弁護士会)  ・・・その他多数。


向井 蘭先生の以下のセミナーも好評配信中です
働き方改革関連法の最新情報に基づく労働基準監督署への実務対応について、
使用者側労働事件の経験豊富な講師がわかりやすく軽快に解説します。
(詳細は下記のリンクをクリックしてください)
使用者側特化の労働弁護士が語る!働き方改革関連法の実務対応(約166分)講師:向井 蘭 氏

その他のセミナー