本編の視聴にはログインが必要です。
未登録の先生は右上の無料会員登録からお手続きください。

配信開始

セミナー資料ダウンロード

※セミナー資料は動画視聴可能になるとダウンロードできます

  • 【レジュメ】慰謝料算定法 ~男女関係・離婚編~.pdf(101.79 KB) 

類型別の分析から依頼者の納得できる進め方を導く
男女関係・離婚の慰謝料算定

男女問題・離婚案件の慰謝料について、算定要素や裁判例の傾向、立証のポイントが類型的に学べる!

 

講師

森元 みのり 氏(森法律事務所 副代表)

概要

慰謝料額は、諸般の事情を考慮して裁判官が裁量により算定するものであることから、
裁判例の中でもその具体的な算定根拠が不明であるものも多いと言えます。

しかしながら、様々なケースを分析することで、類型ごとに、慰謝料額
そしてその算定にあたって裁判所が考慮している要素について傾向を見出すことはできます。

本セミナーでは、家事事件を常時300~400件扱う、全国トップクラスの実績を誇る森法律事務所
副代表の森元みのり弁護士が、離婚慰謝料をはじめ、不貞慰謝料、内縁関係・婚姻予約の破棄による
慰謝料、面会交流拒否による慰謝料など、類型別にその内容を解説し、合わせて証拠収集や
立証のポイントもお伝えします。

男女問題・離婚案件にもっと強くなる、明日からの業務に役立つ本セミナーをぜひご視聴ください。
 

講義詳細(講義時間:約69分 ※最大2倍速再生可)

  1. はじめに
    • (1)慰謝料額算定における一般的考慮要素
      • ① 不法行為/債務不履行の期間、頻度、態様等
      • ② 婚姻期間、当事者の年齢
      • ③ 未成熟子の有無及び人数
      • ④ 当事者の経済状況、社会的地位
      • ⑤ 財産分与の有無及び額
    • (2)離婚慰謝料の法律構成
      • ① 離婚原因慰謝料
      • ② 離婚自体慰謝料

  2. 不貞又はこれに準ずる行為
    • (1)不貞配偶者に対する慰謝料
      • ①慰謝料額の傾向
        • 200万円を中心に±100万円?
      • ②考慮要素
        • 不貞行為の期間や回数、頻度、不貞相手の人数
        • 不貞発覚後の夫婦各人の態度
        • 不貞行為に及んだ当時の夫婦関係の円満度及びその原因
        • 不貞相手からの既払額
      • ③立証方法等
        • 直接的な証拠(例:ホテルへの入退室写真)がない場合
        • 違法収集証拠
    • (2)不貞相手に対する慰謝料
      • ①慰謝料額の傾向
      • ②考慮要素
      • ③注意点

  3. 身体的暴力
    • (1)慰謝料額の傾向
    • (2)考慮要素
    • (3)立証方法等

  4. モラルハラスメント(暴言、支配的・高圧的態度等)
    • (1)慰謝料額の傾向
    • (2)考慮要素
    • (3)立証方法等

  5. 生活妨害、名誉棄損等
    • ⑴慰謝料額の傾向
    • ⑵考慮要素
    • ⑶注意点等

  6. 面会交流拒否
    • ⑴慰謝料額の傾向
    • ⑵考慮要素
    • ⑶注意点

  7. 婚約破棄
    • ⑴慰謝料額の傾向
    • ⑵考慮要素

こんな弁護士におすすめ

・離婚事件に取り組む弁護士
・離婚案件を積極的に扱っている登録5年目くらいまでの弁護士

受講された先生の声

● コンパクトに要点がまとまっていてわかりやすかったです。森元先生の実務上のご経験がちりばめられていてとても参考になりました。(60期・神奈川県)
● 実例をたくさん聞けたのが分かりやすかったです。 (62期・東京都)

付属資料

・講義レジュメ

 

講師詳細

講師名 森元 みのり 氏(森法律事務所 副代表弁護士)
プロフィール 平成15年 東京大学法学部卒業
平成18年 森法律事務所入所
平成22年 23区苦情処理委員会副委員長

セミナー・講演等
 ・遺産分割事件のケース研究-代理人の視点による解決のポイント(相続問題研究会)
 ・遺産分割の付随問題-使途不明金(第一東京弁護士会)
 ・養育費・婚姻費用をめぐる諸問題(京都家庭裁判所)
 ・相続法改正と使途不明金(岡山弁護士会)
森法律事務所著書 ・弁護士のための遺産相続実務のポイント 遺産分割・遺言無効・使途不明金ほか遺産分割の付随問題(日本加除出版)
・簡易算定表だけでは解決できない 養育費・婚姻費用算定事例集(新日本法規出版)
・2分の1ルールだけでは解決できない 財産分与算定・処理事例集(新日本法規出版)
・「子の利益」だけでは解決できない 親権・監護権・面会交流事例集(新日本法規出版)
・心の問題と家族の法律相談(日本加除出版)

その他のセミナー