顧問先の住宅・建築会社が喜ぶ!新民法に対応した請負契約約款提案のコツ(約104分)講師:秋野 卓生氏(全4本)

講師

秋野 卓生 氏(弁護士法人匠総合法律事務所 代表社員弁護士)

建築・住宅紛争解決のトップランナーである匠総合法律事務所による 「建築請負契約約款」の顧問先への適切な提案の仕方のコツを集中的かつ効率的に習得。


2020年4月1日、債権法が変わります。

住宅会社、建築会社、及びそれらのクライアントを持つ弁護士の皆様は
契約約款の改訂の準備はお済みでしょうか。
自信を持ってクライアントに請負契約約款の提案はできますか。

住宅・建築関連業界は上場企業の寡占率が低く、
日本の住宅の約30%程度しか上場企業が建築しておらず、非上場企業が70%、
つまり地域密着型の工務店、不動産業者が占めている業界です。

このような業界だからこそ、民法改正に伴い請負契約約款の改訂の相談が増加しています。

安心して新民法に対応した契約約款の改訂を進めていただくためにも、
確実な知識をもとにクライアントに適切に対応していく必要があるのではないでしょうか。

これから新たに約款を策定する方も、既存の約款を改訂する方も
すぐに使える「契約書等」書式集をもとにモデル契約約款の重要なポイントについて

全国5拠点(東京・大阪・名古屋・福岡・仙台)に事務所を置き、
数多くの住宅・建築・土木・設計・不動産に関する紛争処理に携わってきた

「匠総合法律事務所」代表の秋野卓生氏による建築・住宅会社の請負契約約款の改訂のポイントや トラブルを未然に防ぐための条項を1つずつ丁寧に解説するセミナーです。

本セミナーは、匠総合法律事務所の完全オリジナルの契約書雛形などを掲載した、
『改正民法対応 住宅会社のための建築工事請負契約約款モデル条項の解説(日本加除出版)』
にそってすすみます。
書籍をお手元にご用意してご視聴ください。



2019年12月末公開(2019年12月2日に開催したセミナーを収録したものです)

 

講義内容(講義時間:約104分 ※最大2倍速再生可)

「新民法に対応した請負契約約款の提案方法のコツ」講師:秋野 卓生 氏
  1. 契約書これはNG(やってはいけない契約書とは?すばらしい契約書とは?)
  2. 民間(旧四会)連合協定工事請負契約約款と匠総合法律事務所工事請負契約約款モデル条項の比較 (設計契約・請負契約のタイミングと実務上の位置付けとは?)
  3. モデル条項(1条〜34条)の解説(約款改訂のポイント・工事内容等の変更にかかるトラブル事例  他)

受講者の声

・実務経験に基づいた有意義な話がたくさん聞けたので、大変参考になりました。  
 顧問先からの信頼を得るためのノウハウなど豊富に聞かせていただきありがとうございました。(兵庫県/64期)

・かなり専門的な話でよかった。事例も充実していた。(岡山県/46期)
 

付属資料

・講義レジュメ

 

講師詳細

講師名 秋野 卓生 氏(弁護士法人匠総合法律事務所 代表社員 弁護士)
経歴(役職等) ・弁護士法人匠総合法律事務所代表社員 弁護士
・慶應義塾大学大学院法務研究科非常勤講師(担当科目:法曹倫理)
・慶應義塾大学法学部非常勤講師(担当科目:法学演習(民法))
・国土交通省IoT技術等を活用した次世代住宅懇親会委員
・第二東京弁護士会綱紀委員会委員
・林野庁補助事業 中大規模木造建築のための加工・施工技術者普及検討委員会委員・WG委員
・公益社団法人日本食品衛生協会役員推薦委員会委員
・一般財団法人建設産業経理研究機構 研究顧問
執筆・出演・講演等 ・『建築設計・施工クレーム対応マニュアル』新日本法規出版
・『住宅建築業・設計事務所・部材メーカーの説明義務と警告表示』新日本法規出版
・『建築工事請負契約における瑕疵担保責任と損害賠償の範囲』新日本法規出版
・『住宅用太陽光発電・プチソーラーの法律実務』中央経済社
・『建物漏水をめぐる法律実務』新日本法規出版
・『改正民法対応 住宅会社のための建築工事請負契約約款モデル条項の解説』日本加除出版
・『建設業法の課題と実務対応 電子契約化への法的アプローチ』新日本法規出版
尚、万一お支払い後に、止むを得ず先生のご都合によりキャンセルされる場合は返金はいたしかねます。
また、講師または当社の都合により配信停止となる場合がございますので、あらかじめご了承いただけますと幸甚です。

¥8,800(税込)

購入する

セミナー資料ダウンロード

※セミナー資料は動画視聴可能になるとダウンロードできます

  • 202001_レジュメ_新民法に対応した請負契約約款提案のコツ.pdf(1.35 MB) 

カテゴリ

関連動画